【国産クライミングウォール】企画・製造・販売 (株)米子製作所
登る・楽しむ・鍛える ヨナゴクライミングウォール
ホーム ニュース クライミングウォール 施工事例 磁化水 マグリー お問い合わせ 会社案内
ホーム > ニュース > ニュース詳細


ニュース詳細

2013.06.04掲載

2013年5月
駒ヶ根「森と水のアウトドアゾーン」クライミングウォールメンテナンス


クライミングウォール


2013年5月27,28日にかけてウォールメンテナンスとルートセットを行いました。

2日間ともに天気に恵まれた非常に快適な気候のなかで作業できました。
壁の構造体にはなにも異常は認められませんでした。
サイドウォールとメインウォールのホールドはすべて取り外してホールドの経年劣化等によるヒビ割れなどをチェックしています。
さらに今回も50個の新品ホールドを投入しました。
これは毎回少しづつ劣化によって減っていくホールドがある一方で、常連の利用者様には新鮮なホールディングを楽しんでいただくためでもあります。
今回もサイドウォール4本、メインウォール11本のテープ課題を設定しました。
メインウォールは垂直バージョンと110度傾斜の両方ですべて試登しました。
グレーディングはベテランセッターの男女3名で行っているので信頼度は高いと自負しております。

以下に、各ルートのグレードとコメントを記します。
ご参考になさっていただければ幸いです。

 

クライミングウォールサイドウォール

  • 黄色 5.8 クライミング初心者には最初の1本に最適です。
  • 青色 5.9  取り付きは左側からスタート。
  • 赤色 5.10a ムーブのあるルートです。アンダーホールドの使い方を覚えましょう。
  • 緑色 5.10bc 多彩なムーブが連続します。トップロープトライの場合は、下部の岩は真ん中からスタートすると自然です。

 

メインウォール右側(90度)

  • 黄色 5.10a メインウォール入門ルート。
  • 赤色 5.10c 持久力があれば登れる可能性大。
  • 水色 5.10d 全体的にはホールド良いが数か所ムーブが悪い。
  • 白色 5.11b アンダーホールドがこれでもかと出てくる。
  • 緑色 5.11c フットワークがカギ。中間部ハング越えは遠い。保持力が試される。

 

メインウォール左側(90度)

  • ピンク 5.10c 見た目より意外と悪い。
  • 茶色 5.10d 素直なルート。
  • 緑色 5.11a イレブン入門ルート。
  • オレンジ 5.11b ムーブが自然で手順通りにスイスイ登れるかも。
  • 赤色 5.11b 数か所悪いところがあり、引き付けの力が必要。
  • 黒色 5.11cd 2か所遠いところあり。全体的には右側の緑色ルートと同程度。

 

メインウォール右側(110度)

  • 黄色 5.10c パワー系ルート。
  • オレンジ 5.11b 遠いところはフットワークで解決。
  • 赤色 511c パワフルな持久力が必要。
  • 白色 5.11d 最後には怒涛のパンプが襲ってくる!
  • 緑色 5.12c 傾斜が増すと内容はまったく別のものに。難しい。

 

メインウォール左側(110度)

  • ピンク 5.11b 110度入門ルート。スタンスは適材適所にあるので落ち着いてトライ!
  • 茶色 5.11c ハング越えがジムナスティック。
  • 緑色 5.11d デッドポイント入門ルート。
  • 赤色 5.12a ダイナミックなムーブが連続する。
  • オレンジ 5.12a 最終面はカンテにトゥフックでかっこよく決めよう!
  • 黒色 5.12d かぶると遠さが増す。ハング越えはクロスか持ち替えで。どちらも悪い。


かならずウォーミングアップ、ストレッチをおこなってから、クライミングを楽しんでください!





大型クライミング施設
ボルダリングウォール
幼児用クライミング遊具










Copyright(C)2002-2013 YONAGO Co., Ltd. All Rights Reserved.
>> お問い合わせはこちらからどうぞ