YONAGO_climbing_wall
homeclimbingwaterpurifiercontactcompany-----------

ホーム > ニュース > ニュース詳細
ニュース詳細
2010.07.06掲載

2010年05月
駒ヶ根「森と水のアウトドアゾーン」
クライミングウォールメンテナンス

20100524

 5月24,25日の2日間で、1年に一度のクライミングウォールの保守点検作業とルートセットを行いました。
初日はあいにくの大雨でしたが、屋根があるのでメインウォールの作業は問題なくできました。2日目は好天に恵まれ、サイドウォールの点検と4本のルートセットを行えました。メインウォールでは、右面は初級〜中級者向けとして4色の色別ルートを設定しました。ほかに3本はテープ二つ折りをホールドと壁に挟み込んで設定しました。左面は中級〜上級者向けとして、おなじくテープ挟み込みで5本のルートをセットしました。
ハング上に付けていた三角ハリボテも3年ぶりにハング下へと移動してみました。
1年間という長期間にわたってルートを保存するために、昨年のメンテナンスのときに試験的にテープ挟み込み方式を取り入れてみましたが、1年を経て、ほとんどのテープがはがれずに残っていましたので、今後はこの方式でルートセットを行っていきたいと思います。ただひとつの欠点は、挟み込み作業に手間がかかりルートを量産できないという点です。これについては、駒ヶ根は可動式であるために、今回メインウォールには12本のルートを設定しましたが、垂直から110度の前傾まで無段階に可動することで、同じルートでも上部はムーブの難度が著しく変わりますので、そのような点でご了承、ご理解、そして楽しんでいただければ幸いです。
以下に今回設定、試登したルートのグレードとコメントを記しておきますので、ご参考にして皆様のクライミングを楽しまれてください。

20100524(サイドウォール)
・オレンジ 10B 下部の岩地帯が難しいのでリードは注意
青 10C オレンジより少しだけ難しいが素直なルート
赤 10D ホールドの向きが多彩
黄 11A 下部は引き付けが必要

(メインウォール右面=上部はコーナーを使う)
*グレードは90度/110度の場合で標記してあります。両方の傾斜ですべて試登しました。中間の傾斜での難易度については利用者の皆様でご判断ください。
・赤ホールド 10B/11A  身体の振りが必要
・青ホールド 10C/11B 110度だと最後が少し遠い
緑ホールド 10C/11B 右2m幅のみで登る。最後が遠い。
黄ホールド 10C/11C 白いホールドと見間違えやすいので注意が必要。
赤テープ 11A/12B パターン足のフットワークがカギ。
青テープ 11B/11+ コーナーのオレンジをうまく使う。ロングリーチ。
黒テープ 11C/12C パターンを多用。110度だと最後3mがものすごく遠い。

(メインウォール左面=左3m幅を使うが、上部の右カンテは使わない)
緑テープ 11A/11+ メリハリのあるムーブ。面白い。
黒テープ 11B/12B 少し蛇行しているのでロープの流れに注意。
黄テープ 11C/12D ハング越えは思い切りよく!豪快なムーブ。110度では最難ルート。
白テープ 11D/12AB 手順がありテクニカル。
青テープ 12A/12B ムーブは多彩で好ルート。


ここは中央アルプス宝剣岳千畳敷ロープウェイのある登山口に位置しており、高速駒ヶ根インターからも5分ほどと、非常にロケーションが良いところです。公園の名前の通り、森と水に囲まれていて、遊具もほかにたくさんあって、家族連れのピクニックや保養には最適な静かで落ち着く環境にあります。
都会のジムにはない自然環境と、岩場より安全で快適なアプローチが、ここにはあります。
本当に気持ちの良い公園なので、休日の過ごし方のひとつにここでののんびりクライミングをオススメします!
ルートはもちろん、左サイドの義岩ボルダーも面白いですよ!!

株式会社 米子製作所

大型クライミング施設




 クライミングウォールに関するお問い合せ先
 >> お問い合わせはこちらからどうぞ


ホームクライミングウォール磁化水お問い合せ会社案内




Copyright(C)2002-2010 YONAGO Co., Ltd. All Rights Reserved.
>> お問い合わせはこちらからどうぞ