YONAGO_climbing_wall
homeclimbingwaterpurifiercontactcompany-----------

ホーム > ニュース > ニュース詳細
ニュース詳細
2009.04.30掲載

2009年04月20、21日
清水駅東口クライミングウォール新ルートセット

200904 4月20,21日の2日間でメンテナンスとルートセットを行いました。2日目の天気が芳しくないことが分かっていたので、初日は朝からかなりがんばりペースで作業を進め、夕飯時にはメンテナンスとすべてのボルト穴にホールドを取り付け、さらに若干のルートも設定しました。

 翌日はなんとか午前中は天気が持ってくれたおかげで、左右の壁にそれぞれ8本ずつ、合計16本のルートを設定、そしてトップロープで初登しました。
 左の壁は例年通り、ハング下で1ピッチ目を終了してもいいように、いくつかのガバホールドを取付けて、設定しました。そのまま続けてトップまで行くと2ピッチ目、という具合です。もちろん、むずかしめのルートはピッチを分けないでトップまで通しで行くように設定しました。
 2ピッチに分けたルートは5本。手足共に同じ色のテープで登るルートはピッチ数でいうと21本になります。さらに足自由とすると、これらは試登はしていませんが、おおむね1〜2グレード易しくなります。

200904 今回は5.10aから12cまですべてのグレードが1段階ずつステップアップできるように設定することができました。セットには、昨年に続き先日のボルダリングワールドカップでも活躍したH君と、ベテラン女性トップクライマーのYさんが新規加入したおかげで、いつもパワー系に走り気味だったルート内容にもテクニック系や、女性に配慮したルートが作ることができました。
特に初級〜中級レベルには良いルートが充実しています。もちろん12a〜の上級者ルートも面白い内容でおすすめです。

 清水の壁も8年間という歳月が流れ、あちこちにパネルのくたびれも見受けられます。とくにハング抜け口はロープのこすれで黒く変色はしていますが、安全上は問題ありません。ホールドは紫外線劣化や経年劣化が進んでいる模様です。屋外、南向きということを考慮しますと今後とも、基本的にホールドはいつでも回転や破損することを頭の隅に入れた上で使用されるよう、お願いいたします。
 公共施設の壁でクイックドローが固定してあるのは異例ですが、これは当方のメンテナンス範囲ではありません。地元の方が自主的に設置されているものでありますが、毎回一応目視で点検しております。今回も要所要所のカラビナやスリングが交換されていて、そのような熱意のある自主活動には敬意を払いたいと思います。 しかしながら、クライミングは自己責任が強く求められるスポーツでもあります。

 どうか利用される皆さんが、常にそれぞれで自主点検をしながら安全確認をされた上で、クライミングを末永く楽しんでもらえたら幸いです。

2009年4月22日
株式会社 米子製作所

大型クライミング施設




 クライミングウォールに関するお問い合せ先
 >> お問い合わせはこちらからどうぞ


ホームクライミングウォール磁化水お問い合せ会社案内




Copyright(C)2002-2009 YONAGO Co., Ltd. All Rights Reserved.
>> お問い合わせはこちらからどうぞ